憑き物おとします ─死霊たちが騒ぐので─
7月刊行予定ラインナップ・先取り紹介!
│新刊情報
さてさて。
先日6月末日刊行の『六人の兇王子 ―サーリフの宴―』のご紹介をしましたが、
引き続いて、7月末日刊行予定の2作品についても、簡単にご紹介いたします!

幻狼ファンタジアノベルス7月の刊行点数は2点です。


の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上
   著/妹尾ゆふ子 ill/ことき
   定価945円(本体900円+税)
大人気シリーズに、ついに待望の続編が登場です!
今回も上下巻での大作になります。
1巻で北嶺に侵攻してきて以来、一触即発の状態にあった北方蛮族から、休戦のため人質交換の話が持ちかけられた。
さて、その人質とはいったい......!?
今回も目が離せない展開になること必至です!
毎巻恒例・ヤエトの「よろめき」劇場もお見逃しなく!!
なお、本年8月からの幻狼ファンタジアノベルス2周年フェアにおいて、ファンの皆様に喜んでいただけるであろうマル秘企画を進めております。
追って続報をお送りしますので、期待してお待ち下さい!


★ぼくのうた
   著/十文字青 ill/加藤たいら
   定価1050円(本体1000円+税)
角川スニーカー文庫さんやMF文庫Jさん一迅社文庫さんなどで活躍されている十文字青先生が、ついに幻狼ファンタジアノベルス登場!!
今回の新作は、まさに『ファンタジーの神髄』ともいえる物語です。
蘇った魔王の軍勢により滅亡の危機に瀕するマール王国。
昔語りに曰く、魔王を倒せるのは神剣デアンハークのみ。
そして妖精の国にあるデアンハークを手にできるのは、18歳以下の若者だけ。
かくして、国中の少年少女が集められ、王国献身隊として魔王討伐の旅に出されることになる。
だが、その旅の果てにこにどんな真実が待ち受けているのか――若者たちは知る由もなかった......。
若干価格が上がってしまい申し訳なく思いますが、その分、内容・ボリュームともに満足いただける大作となっております!
是非お手に取ってくださいませ~!!
2010年6月18日 19:24
POSTED:幻狼ファンタジアノベルス
カテゴリ
最新エントリ