戦国時代から真田家に仕える隠密の末裔の霧隠柚流(きりがくれゆずる)は女性恐怖症の男の子。兄の霧隠安芸流(きりがくれあげる)の命により、真田家当主、真田夜千代(さなだやちよ)の護衛をする為に、女装をして全寮制の女学院に通うことに!
 夜千代の護刀として寝食を共にする柚流は彼女の魅力にドギマギしてしまう。
 しかし、夜千代は敵の目を欺く為に、姫として育てられた男児だった!?
 こうして、男の娘同士の奇妙な共同生活がスタートする!!

霧隠柚流
(きりがくれゆずる)

真田家に仕える隠密の末裔。夜千代の護衛の為に女装して女学生となる。
真田夜千代
(さなだやちよ)

柚流の主君で真田家の当主。賊に命を狙われている。好き嫌いが多く、怖がり。
霧隠安芸流
(きりがくれあげる)

柚流の兄。柚流達の通う女学院の教師。真面目そうに見えるが変態。
帰蝶
(きちょう)

夜千代と契約を結んだ家臣。いつもカエルのようなマントを身にまとっているが…。